新入社員研修の内容と狙い

新入社員研修をするには企業側が新入社員に、学生から社会人になる意識の改革を持って貰いたいからである。

今まで学生として消費者側に居たのに対して社会人とは生産する側の人間になります。

その意味、心得を知り、会社という組織の一員だという意識を持ち社会人として必要不可欠な基礎知識やスキル、行動などを身に付けてもらう為に、企業は新入社員研修という時間を設けているのである。

決して学校のオリエンテーション気分で受けてはなりませんよ。

企業も通常業務とは別に時間を割いているわけですから、真摯な気持ちで向き合いましょう。

また新入社員研修は社会人の意識改革だけではなく、企業の風土や理念、就業規則を知る事が出来ます。

企業側は自社がどのような企業なのかを新入社員に理解してもらう事で新入社員にギャップを抱かせないようする狙いがあります。

それは昨今、入社3年後の離職率が高い現状があるからでしょう。

これは新入社員が業務に対する事前の理解が不足していた事に起因していると云われています。

新入社員研修は入社前と入社後に分けて行う企業があります。

入社前の新入社員研修は内定通知を受け取った後の1月~2月の間に行われる事が多いです。

主な内容は企業に関する知識や法律・語学・資格について、また新入社員を集めてマナー研修や業務に関する専門知識についての講義、市場の見学や視察などがあり、感想文を提出させる企業もあります。

入社後の新入社員研修は入社後1~3ヶ月にかけて行われます。

最長で3年という企業も中にはあります。

この研修の主な内容は社内外においての集合研修や体験型の実地研修などのOJTやメンター制度による業務トレーニングなどが行われます。

企業によって新入社員に対して行われる研修の内容は実に様々です。

大学や学校の同期と会えば一度は話題にあがり、内容の違いに一喜一憂する事でしょう。

新入社員研修についての情報はこちらを参考にさせて頂いたので、これから受けられる人は一度目を通しておくと良いでしょう。

新入社員研修の優良研修会社ランキング

知っておいて損はない筈です!